高齢の父の部屋に、どんどん不要な物がたまっていくので困っています

50歳・女性

70代の父は、母を亡くして一人で暮らしています。様子を見に行くと、部屋には、今は使わない物や、昔の物がたくさんあります。
私が不要な物を処分するように言うと、「これは、取っておきたい」「あれも捨てたくない」と不満そうです。ついつい口げんかをしてしまうこともあります。 
このような親に、どんなふうに接すればいいでしょうか。

明橋大二先生

お年寄りの「不安」や「孤独」が原因かもしれません

「物を捨てられない」「自分の部屋や家の中に、不要な物がどんどん増えてくる」ということで、私の所にも、相談に来られる方が時々あります。多くは、ご本人というよりも、家族の方が心配して、あるいは困って、来られる方がほとんどです。「物を捨てられない」理由にはいろいろあります。

もともとの性格として、「もったいない」と感じて、何でも残しておくタイプの人ということもありますし、幼少期に貧しくて、物のない時代を過ごしたので、物がないと不安になる、物があると安心する、という人もあります。

あるいは、物を捨てるには、思い切りというか、一種の決断が必要ですが、それにはある程度の心のエネルギーが必要です。ところが、精神的に疲れたり、うつ病になったり、ひきこもりの状態になったりすると、そういう決断ができなくなり、それでどんどん物がたまっていく、ということもあります。

あるいはお年寄りで認知症の始まりとして、買ったことを忘れてしまい、再度買う、また、物が家にあるかどうか覚えられないので、不安からついつい捨てずに残してしまう、ということもあります。

それらがエスカレートすると、いわゆる「ためこみ症」という病的な状態になります。

これは、英語で「ホーディング」といい、「DSM-5」という、アメリカ精神医学会が作成した「精神疾患の診断・統計マニュアル」(2013年)で初めて記載されました。「ゴミ屋敷」というと、日本でしばしば社会問題になっていますが、これは日本だけでなく、世界各国でも近年問題になっています。これを引き起こすのが「ためこみ症」という病気です。「ためこみ症」の症状は以下のようなものです。

① それほど価値はない物でも、捨てたり、手放したりすることが困難。

② 物を捨てることに、強い苦痛を感じる。

③ 捨てられないことによって、生活空間が物でいっぱいになり、部屋が本来の目的で使えなくなる。

④ 安全な環境の維持が困難になり、社会的に支障が出ている。

ご相談のお父さんの場合は、「ためこみ症」といえるほどの病的な状態ではないと思いますが、気持ちのうえでは共通するところもあるのかもしれません。

私が、「ためこみ症」も含めて、お年寄りで「物を捨てられない」人の相談で、しばしば感じるのは、その人の「孤独」です。

(『月刊なぜ生きる』令和4年5月号より)

続きは本誌をごらんください。

『月刊なぜ生きる』令和4年5月号
価格 600円(税込)


『月刊なぜ生きる』は「おためし購読」がダンゼンお得です!

1冊ご注文の場合:本誌600円+送料200円=800円
→ おためし購読:3カ月(3冊)980円【送料無料】

※おためし購読は初めての方に限ります。

3か月おためし980円


プレゼント付き!ラクラク購読なら1年がおすすめです★