【第1回】日々を彩る書道エッセイ 花咲く書道|今月のテーマ「心」

花咲く書道家・永田紗戀(ながたされん)さんの連載が『月刊なぜ生きる』で始まりました♪
今月のテーマにまつわるエッセイと、花咲く書道の描き方を写真付きでご紹介。
見るだけで心に花が咲いたようなパッと明るい気持ちになれるコーナーです。

今の「心」に花を咲かせるなら、何色ですか……?

私の作品は「花咲く書道」と呼ばれています。ただ、文字のどこかを花にすること? そうではないのです。
作品はすべて文章から生まれています。

少女時代の私は、思っていることを口にすることが極端に苦手でしたので、集団生活が苦痛でした。
学校から小さな団地に帰ると、言いようもない幸せな気持ちになる、あの心の温度をいまだに恋しく思うこともあります。
居眠りする祖母の隣で分厚い日記帳に、その日にあったことを綴ります。
言葉の中の私は別人のように生き生きしていました。
どちらが本当の私かは、いまだに分かりませんが、これが心のバランスを保つ私の生き方なのです。

書道家として作品を描き出した私は、その文章を短い詩にし、そこからいちばん心にふさわしい漢字を選び出し、自分なりにその文字の形を、詩に合うように、魔法をかけていくような気持ちで、彩るようになりました。

プロフィール

花咲く書道家
永田紗戀(ながたされん)

言葉から生まれる絵のような書。
唯一無二の世界観で多数の作風を描き出し、幅広い年齢層の女性たちに支持される。

(『月刊なぜ生きる』令和3年12月号より一部抜粋)

エッセイ全文と花咲く書道の描き方は『月刊なぜ生きる』令和3年12月号をごらんください。

『月刊なぜ生きる』令和3年12月号
価格 600円(税込)


『月刊なぜ生きる』を読むなら、定期購読がお得です!
初めての方限定で、3か月おためし購読をご用意しています。

3か月おためし980円