吉水草庵は、どこにあったのか『歎異抄』に記された問答|歎異抄の旅

法然上人(ほうねんしょうにん)は、京都の吉水草庵で、すべての人が平等に救われる教え、弥陀の本願を説いておられました。

親鸞聖人(しんらんしょうにん)も、29歳の時に 吉水草庵を訪ねて、 法然上人のお弟子になられました。 親鸞聖人の言葉を記した『歎異抄(たんにしょう)』にとっても、「吉水草庵」は、とても因縁深い場所なのです。

では、 吉水草庵は、本当は、どこにあったのでしょうか?

(『月刊なぜ生きる』令和4年2月号より)

続きは本誌でおたのしみください。

『月刊なぜ生きる』令和4年2月号
価格 600円(税込)


『月刊なぜ生きる』は「おためし購読」がダンゼンお得です!

1冊ご注文の場合:本誌600円+送料200円=800円
→ おためし購読:3カ月(3冊)980円【送料無料】

※おためし購読は初めての方に限ります。

3か月おためし980円